不貞行為を立証するにはどうすれば?

離婚原因として非常に多いのが、不貞行為です

ただし不貞行為をもって離婚を請求することができるのは、「不貞行為をされた側」だけです。自分が不貞行為をしたからといって離婚を請求できるわけではありません。

不貞行為とはただ配偶者以外を好きになった、デートをしたといったことではなく、「配偶者以外の異性と性的関係を持つ」こととされます。そのため、結婚相手の浮気・不倫を原因として離婚を請求し、その後の慰謝料や財産分与において有利な立場に立とうと思えば、それらの証拠をおさえておく必要があります。

ただし、そういった不貞行為を第三者が見るということはなかなかありませんから、直接立証できるような証拠を得るのはかなり難しいといえます。

そこで、たとえば興信所に依頼して、ラブホテルに2人で入るところを撮影するなどといった方法が考えられます。携帯電話やパソコンのメールでのやりとりに直接的な言葉が書かれているなら、それも証拠となる可能性が高いといえるでしょう。

また相手が不貞行為を認める供述をして、それが信用できると判断できる形で残せるなら、有効な証拠となり得るでしょう。

不貞行為の証拠を集めるといっても……

ただし、それらの証拠が集められない、メールの文面も曖昧ではっきり立証できない、ということもあるでしょう。こういった場合に離婚が認められないのかというと、そういうわけでもありません。不貞の事実を確定させるとはいえないとしても、夫婦の信頼関係を崩すのに充分な行為だと判断できれば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」として裁判所に認定してもらえるからです。

ですから、たとえば「たまたまメールの画面が開いたままになっていたので、撮影して保管する」「怪しい朝帰りが続いているため、それらの様子を日付のわかる日記に記録しておく」「怪しい電話のやりとりをしている着信の日時をメモしておく」といったことも有効です。

ただしご夫婦のことですから、不貞行為を知ったとしても、「まずは一回反省させて様子を見る」「一気に離婚成立まで推し進める」といった選択肢がそれぞれにあると思います。未成年のお子さまがおられ、どうすべきか悩んでいるということもあるでしょう。まずは弁護士に相談し、今後の方針を決めてから行動に移されることをおすすめします。