事務所名:弁護士法人西田広一法律事務所 
住所:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満5丁目1-3 南森町パークビル5階 
電話番号:06-6316-8365

金銭トラブル(配偶者に借金、浪費癖が強い)

配偶者の借金・浪費癖によって生じる多大なストレス、夫婦の溝

金銭トラブル十分な資産や収入があっても、夫婦間で金銭感覚のズレが生じることがあります。むしろ、全く一致することなどない、とも言えます。しかし、多くのご夫婦は、お互いに譲り合いながら、話し合いながら、そのズレを埋めていきます。
同じ金銭の問題であっても、配偶者に借金や浪費癖がある場合、金銭感覚のズレはより危険なものとなり、大きな問題に発展してしまうことも珍しくありません。配偶者に借金や浪費癖があることは、ときに多大なストレスになります。借金・浪費癖を抱える本人の方があまり気にしていないことも多く、危機感の違いもまた、夫婦の溝を大きくします。

配偶者の借金・浪費癖は、離婚理由として認められるか

配偶者の借金・浪費癖によって生活を圧迫している、夫婦関係が破綻しているという場合には、民法770条に定められた法定離婚事由のうち、「悪意の遺棄」「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し、離婚の請求が認められることがあります。
ただし、配偶者に借金や浪費癖があるからといって、そのことだけでは法的な離婚の理由としては認められませんので注意が必要です。(話し合いで夫婦が離婚に合意すれば可)
「借金や浪費癖が生活を圧迫している・夫婦関係が破綻した」という事実があって初めて「悪意の遺棄」「婚姻を継続し難い重大な事由」が認められることになります。

配偶者に借金がある場合

配偶者が趣味や遊びのためにした借金によって生活が圧迫されると、「悪意の遺棄」と認められることがあります。
借金は、一度することで抵抗感が薄れ、さらなる借金、また借金を返すための借金、と雪だるま式に負債を増やしていくリスクがあります。早めに話し合いの場を持ち、返済の目処をつけるべきです。
なお、生活に必要な借金は、離婚の理由として認められません。家族のための借金と解釈されるためです。生活に必要な借金は、夫婦で責任を負っていくもの、とされています。

配偶者に浪費癖がある場合

配偶者の浪費癖、特にギャンブルに多額の金銭をつぎ込むことで生活が圧迫されている場合には、法的離婚事由の一つ、「悪意の遺棄」と認められることがあります。
ただ、浪費癖があったとしても、収入があり、生活費を残している(生活を圧迫していない)場合には、悪意の遺棄とは認められないこともあります。
浪費癖の多い配偶者によく見られるのが、長期間帰宅しないケースです。話し合いを行っても改善が見られない場合には、「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚が認められることがあります。

借金も財産分与の対象に

離婚の際には、夫婦で財産分与が行われます。結婚生活の中で蓄えた財産は夫婦二人のもの、という解釈の基、財産を均等に分配します。
そしてこの財産分与の対象は、借金にも及びます。ただし対象となるのは、結婚生活のために背負った借金のみです。住宅ローン、車のローン、食費などがこれに該当します。つまり、明らかな浪費、たとえばギャンブルなどによる借金は除外して計算されます。
ただ、借金があまりにも高額である場合、財産から借金を引いていくとマイナスになることもあり、この場合は財産分与で分配される金銭はありません。
生活費のためと言え、借金が多額になるとこのようなことが起こります。借金を重ねている、あるいは配偶者が借金をしているかもしれないというときには、その用途にかかわらず、早めに現状を把握することが大切です。

慰謝料について

配偶者の借金・浪費癖が生活を圧迫し、そのことで原因として離婚ができたとしても、慰謝料を請求できるかどうかは、また別の問題になります。
結論から言うと、借金・浪費癖のみを理由として慰謝料を請求することは、難しいのが現状です。慰謝料を請求できるのは、配偶者の行為によって精神的苦痛が生じた場合に限られます。
また、慰謝料の額は相手の経済状況も考慮して決定されます。相手に多額の借金がある場合には、慰謝料は低く設定される可能性が高いと言えるでしょう。

金銭感覚の改善のためにできること

配偶者の借金癖・浪費癖を注意しても直らないという場合や、額が膨れ上がっている場合には、ご自身の今後の人生のためにも離婚という選択肢が頭に浮かんできます。
ただ、早く気づけたので状況を改善したい、そのことだけで離婚はしたくない、という方もいらっしゃいます。夫婦だからできること、というものもあります。

二人の目標の再確認

二人の目標を再確認し、そのためにはどういった計画が必要なのか、今一度話し合います。目標を共有することで、相手も頑張っている・我慢している、ということを認識し、態度を改めてくれることがあります。

金銭についてのルールを決める

あまりにも金銭感覚が違っていたり、お互いの干渉がなさすぎると、借金・浪費といったトラブルが起こりやすくなります。
大きな買い物をするときには相談する、金額の上限を決めるといったルールを作ることで、歯止めが効きやすくなります。できれば、一方だけにルールを課すのではなく、二人で共通のルールを守るというふうにすると良いでしょう。

疑いばかりでなく、信用も寄せる

配偶者に借金があることが分かったり、浪費癖が直らないと、悲しみや腹立たしさで、つい辛く当たってしまいます。ちょっとした話の中でも、「またやったのでは?」「嘘をついているのでは?」という疑いの目を向けてしまいます。
そういった疑念は、言葉にせずとも相手に伝わります。配偶者の勝手な借金や浪費を一時的に防ぐことにはなるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。借金をしないために、浪費を減らすためにどうすればいいかを話し合い、「頼りにしている」ことを伝えましょう。
頼られることで自律心が生まれれば、改善の可能性があります。

一番上に戻る
浮気・不倫限定!法律相談はこちら